相談・見積もり無料

資料請求・見積依頼・来店予約など、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせ

基礎知識

外壁塗装で失敗しないために

そろそろ塗り替えをした方が良いのかな?でも、どこに頼んだら良いのかが分からない。いくら掛かるかも全然見当つかないし…まず何から始めていいか分らない!
そんな方へ、初めて塗装をする場合に一つアドバイスするのであれば、費用だけで業者選びをしないことです。塗装を費用で選ぶとほぼ間違いなく失敗します。外壁・屋根塗装の費用は「材料費」+「工事費」の合計です。工事内容に対して、高すぎてももちろん良くないですが、問題なのは安すぎてもいけないということ。安い金額で施工をお願いするということは必要な工程や材料を省いて作業しようとしている可能性もあるからです。
そこで考えてもらいたいのは、価格よりも工事の中身です。

費用が安いといって選ぶとこんな可能性が…

塗装回数を減らす

塗装回数を減らす

3度塗りのところを2回(または1回)塗りにする。中塗りをせずに上塗りのみで済ませるとことで使用する塗料を減らすことで金額を抑えたりします。
水で薄めて引き延ばす

水で薄めて引き延ばす

塗料メーカーは塗料1缶で塗るべき面積(塗布面積)を規定しています。塗料は液体なので水で薄めて塗布面積を増やすことができます。当然塗料の性能は落ちます。
余った材料を使う

余った材料を使う

他の現場で余った塗料を使い回すことで材料費を抑えることができます。さらに、目立ちにくい箇所(中塗り)で使われる場合が多いので気づくことがむずかしいです。 上塗りと異なる塗料を使用されることもあります。
工期を短縮する

工期を短縮する

下塗り・中塗り・上塗りを1日で終わらせることで工期を短くできます。何が問題なのかというと塗料メーカーは、次回塗るまでに必要な乾燥時間というものを規定しています。その規定時間を守ると1日では工期が終わらないということです。適切に塗装をすると日数が必要です。
工程を減らす

工程を減らす

ひび割れなどの欠損補修やケレン作業など塗装前の下地工程を省くことで工期を短縮させます。塗装後は見た目が綺麗になっていますのでわかりませんが、下地処理なしで塗装をすると数年後に塗膜剥離となり塗装が剥がれてくる可能性があります。

POINT施工のポイント

縁切り・タスペーサー

縁切り・タスペーサー

屋根材表面には雨水排出や通気性の確保を目的とした溝がついている。その元の隙間を塗装する事で塗料で塞いでしまい、屋根材かさなり部分から侵入してきた雨水が排出されなくなり、屋根裏面に雨水が浸透し屋根下地の腐朽や雨漏りの原因になってしまいます。
そのために、塗装(塗替え)をした場合は、元の隙間がある状態にしておかなければならない。この作業を縁切りという。
標準塗布量

標準塗布量

塗膜は適切な厚さを持つことで、はじめて理論上の耐久性に近づきます。
ゆえに、単に3回塗りということだけではなく、塗料が適正な塗布量塗られることによって、はじめて「耐久年数を保ち、紫外線から守る」などの機能が発揮されます。
塗り重ね時間

塗り重ね時間

多くの塗装工程には下塗り1回+上塗り2回の工程がありますが、ただ単に塗り重ねれば良い訳ではなく、塗料が素材に塗布され、乾燥し塗膜となってはじめて次の工程に進むことが出来ます。
全ての塗料の塗装工程には各工程間に所定の「塗り重ね乾燥時間」が存在し、塗装仕様通りの基準を守らないと2回塗りしても1回塗りと同じ効果にしかなりません。
養生

養生

塗装工事において仕上げ部分以外に余分な塗料が付着しないように、窓や土間などにシートを敷いたり、テープなどで保護をします。
夏場の暑い時期などは、窓の開け閉めが出来るだけ早くできるように優先順位を考え作業を行います。
コーキング打ち替えの必要性(増し打ち厳禁)

コーキング打ち替えの必要性(増し打ち厳禁)

既存のコーキング(シーリング)を取り去って、新しいコーキングでやり直すことを「打ち替え」既存のコーキングの上から新しいコーキングを重ねて充填することを「増し打ち」といいます。
「打ち替え」か「増し打ち」かは、状態により判断する方もいらっしゃるようですが、コーキングが明らかに裂けていたり、サイディングの断面から剥がれているような状態の場合は、「打ち替え」の必要性があります。
保証書

保証書

使用塗料の種類・塗装部位別に保証期間を設定させていただいた「保証書」を発行させていただいております。 塗り替えをさせていただいた大切なお客様とは、末永くお付き合いさせていただきたいと思っております。 屋根、外壁の品質保証として保証書と塗料材を御見積り通りに出荷している事を明確にするために出荷証明書をご提示しております。 保証とは関係なく、経年老化によるものでない、施工の不備と思われる塗膜の剥離や膨れに関しては、もちろん無償で補修させていただいております。
お問い合わせ

専門店だから出来る、失敗しない外壁塗装。

おすすめコンテンツ
家屋点検
簡単WEBお見積り
外装塗装キャンペーン
  • TEL
  • Webお見積り
  • お問い合わせ
  • 資料請求