相談・見積もり無料

資料請求・見積依頼・来店予約など、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせ

瓦葺き替えと屋根塗装の判断基準とは?

JUDGMENT CRITERIA瓦葺き替えと屋根塗装の判断基準とは?

平板スレート瓦(コロニアル)※塗り替え時期→20年未満、葺き替え時期20年~

耐久寿命としては塗り替えを定期的に行っても20年~25年。
以前はアスベスト混入の製品でしたが、2005年以降の物は厚みが少々分厚くなったものの強度としては弱くなっています。立地によっては30年程大丈夫な場合もあります。寒暖の差や、乾いたり湿ったりを繰り返すことで反りや割れが生じてしまいます。
一度反りや割れが生じた屋根材は、塗り替えをしても悪い状態のままなので、
そのような状態になると塗り替えではなく葺き替えをお勧めします。

陶器瓦 ※葺き替え時期35年~

瓦屋根としては耐久性は長寿命で40年~50年、中にはそれ以上の長寿命の物もありますが、立地環境、年々変わる気象条件などで耐久性も変わります。
葺き替えについては30年~40年で行う事をお勧めします。瓦屋根材がかろうじて問題無くても下地の防水シートの劣化の方が早い場合もありますので、築30年以上のお住まいは屋根材下地の点検を行った方が良いでしょう。
あと一点、陶器瓦や和型洋風のセメント瓦は重量が重く耐震性が弱くなることに繋がるので、葺き替え検討の際は軽い屋根材に変更することをお勧めします。
「うちは陶器瓦だからメンテナンスはいらない」と考えるのは一昔前の話です。しっかりと状態を専門家に確認してもらい雨漏りにならないような万全の対策をしていきましょう。

金属屋根 ※葺き替え改修時期20年~30年

金属屋根材でも鉄製、銅板製、ガルバリウム鋼板製で大きく違いがありますが一般的に寿命は20年~30年程です。鉄製の屋根材は雨水や潮風に非常に弱く錆びやすい事が弱みでもありますが、定期的なメンテナンスをしっかり行う事でその耐久性は大きく変わります。
ここ最近の新しい商品は赤さびがおきるような鉄製は少なく、耐久性、遮熱性が強く軽量の商品が出てきています。
まずは現在の金属屋根にサビがあるかどうかなどの劣化状況を専門家に確認してもらい、雨漏りが発生する前のメンテナンスをお勧めします。

下地防水シート

屋根下地に貼っている防水シート(ゴムアス、ルーフィング)の耐久年数につきましては20年~30年と言われています。以前と違いアスファルト質で防水性や機能性の高い物ではありますが環境状況(太陽の熱や降水量)も同じく以前とは違います。
今お住まいの建物を末永く守ることができる防水シートや屋根材をしっかりと選定しメンテナンスを行っていきましょう。
お問い合わせ

専門店だから出来る、失敗しない外壁塗装。

おすすめコンテンツ
家屋点検
簡単WEBお見積り
外装塗装キャンペーン
  • TEL
  • Webお見積り
  • お問い合わせ
  • 資料請求